【楽天市場人気No1】カキフライ

料理
スポンサーリンク

今回は楽天市場で購入した牡蠣についてレビューしていきます。
前回はバターソテーにしていますので、こちらもご覧ください👍

今回は「カキフライ」を作ってみましたので、どちらの調理法がおススメか比べていきます

では参りましょう!

スポンサーリンク

商品

商品情報はこちらです。

購入店舗:越前かに職人 甲羅組
商品名:店長大暴走で送料無料1,999円!\大粒Lサイズ限定/広島カキむき身1kg(解凍後850g/40粒前後)牡蠣 かき
重量:むき身1kg(解凍後850g)
個数:約40個
値段:1,990円(税込)
送料:無料


サイト画像もぷりぷりな牡蠣で美味しそうです👍

越前かに職人 甲羅組

こういう冷凍食品は一つ一つくっついていることが多いと思いますが、こちらの商品はバラバラになっており、食べたい分だけ使用できるのがいいですね!

では実際に我が家で調理した様子の紹介です。

調理(カキフライ)

では早速カキフライを作っていきましょう!

材料(二人前)

・牡蠣 15個
・塩コショウ 適量
・片栗粉 大さじ2
・パン粉 適量
・(A)水 100cc
・(A)薄力粉 100g
・(A)卵 2個
・(A)サラダ油 大さじ2~3

解凍

まずは牡蠣の解凍からです。
自然解凍NGかつ半解凍が推奨されています。
解凍は流水での急速解凍必須です!

流水解凍をして1分ほどたっても汚れは浮いていますが、3分ほどしたら気にならなくなりました。
しかし解凍している最中は生臭くておいしそうと思わないのに、食べると美味しいとはなんでなんですかね???
※今回は2人で15個でしたが、推奨は一日3~5個だそうです。亜鉛が含まれていますので食べ過ぎ注意です!

流水解凍1分

下味

前回と同じくキッチンペーパーでしっかりと水気を切って両面に塩コショウで下味をつけます。
※前回のバターソテーの画像を使用しています。

バッター液

今回は「小麦粉+卵+水」を溶いた揚げ物の衣液であるバッター液(A)を作っていきます。
本来は「小麦粉→卵→パン粉」の3工程で衣を作っていくのですが、バッター液を使用することで「バッター液+衣」の2工程で衣付けできるので時短になりますね。

バッター液(A)作り方

①卵をしっかりと混ぜます。
②小麦粉と水を加えダマが無くなるまで混ぜます。
③サラダ油を加え良く混ぜて完成です。
※水の量を変更する事で衣の薄さ・厚さを変更できます。

衣付け

衣付けではパン粉をケチらず使用しましょう。
バッター液からあげた牡蠣に「ギュっ」とパン粉をつけた後に余計な粉をおとします。
※あまりに強くしてしまうと牡蠣が潰れてしまうので優しく強くパン粉をつけましょう。

バッター液

パン粉をケチると衣がはがれてしまったり、バッター液の水分がしみ込んで重くなってしまいますので、パン粉だけはケチらず使った方がいいです

ちょっとボロボロです

揚げ

いよいよ「揚げ」に入ります!

本来は多めの油で温度を下げないように上げていくべきですが、今回は少し多めに揚げていきます。
油は170℃で上げていますが、160℃でも問題ないと思います。

きつね色になったら引き上げ残り全部も揚げていきます。
その後、180℃に油温度を設定し二度揚げしていき更にいい色になったら完成です!

実食

そこまで面倒なことはしていませんが、お店で見るようないい色のカキフライが完成しました!
解凍~盛り付けにかかった時間は20分程度ですが、見た目だけならお店レベル👍

外はサクサク、中はトロっとしており、中まで火は通っていますがパサパサしておらずに美味しかったです。
タルタルソースが苦手なので、中濃ソース+レモンで食べましたが、個人的にはレモンのさっぱり感があれば、いくらでも食べれそうでした👍

油の処理は面倒くさいところはありますが、ちょっと凝った料理をしたい休日に是非カキフライをおススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たまに牡蠣が食べたくなる時はありますが、スーパーで買うと粒が小さいし高くないですか?
一方こちらの商品は、送料込みの約2,000円で1kgも入っていることから、コスパ最高な冷凍牡蠣だと思います。
また冷凍なので鮮度も変わらず、食べたい分だけ解凍すればすぐに調理できるのも魅力です。
これは牡蠣好きな人は一度は購入すべきなのでは???

ちなみにこちらの牡蠣は数量限定で今なら同商品を2つ購入すると300円OFFなので、早めに売り切れてしまう場合もあるそうです。
そうなる前に早めの注文をしてみても後悔はないかと思います👍

もし「牡蠣は苦手なの、、、」という方。ご安心ください!!!
越前かに職人 甲羅組」さんは牡蠣以外にも、大量の海鮮がラインアップされています。
ふるさと納税の返礼品も頼めるので是非ご利用ください👍

では次の記事でお会いしましょうノシ

料理
スポンサーリンク
シェアする
るいをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました