【必見】今すぐ血圧を下げるには?

介護・リハビリ
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

突然ですが筆者はリハビリ職であるため仕事柄利用者の血圧を測ることが多々あります。しかし現代人は食生活や運動不足等の要素もあって血圧が高い方が多く、時折「180/100mmHg」等のとんでもない血圧を見ることもあります。

しかしご安心ください。

短時間で血圧を下げる方法は「存在」するんです!!!

今回は受診時に血圧が上がってしまう方向けの正しい血圧の測り方をお教えしまので参りましょう!

スポンサーリンク

血圧の基本

血圧とは呼んで字のごとく、「血管にかかる圧力」を指します。

血圧には上と下がありますが、上は「収縮期血圧」、下は「拡張期血圧」と呼ばれています。
どっちがどっちか分からない方は、収縮期血圧は心臓が縮こまっているので圧力がかかっていると思ってください。

排水溝を水と油が流れている場面を想像ください。水は「サラっ」と流れますが、油は粘度があるから「ドロっ」と流れている感じがしませんか?

血管も一緒で血液がドロドロになっていると高圧にしないと流れません。そのため高血圧の方は「血液サラサラの薬」を服薬しているのですね!
※怪我して出血すると血が止まらないので注意が必要です。

高血圧とは

https://www.healthcare.omron.co.jp/zeroevents/bloodpressurelab_basic/contents1/121.html より

血圧の正常値は以上の画像の通りです。

ざっくり言うと「最高血圧:140以上 もしくは 最低血圧:90以上」であれば高血圧なんです!
正常値でも上記の価に近ければ受診したり、食生活等の変更も検討しなければなりません!

ちなみに血圧が高くなると血管がダメージを受けて「動脈硬化」になり、脳や心臓で血の塊ができてしまい大きな病気に繋がってしまいます。

※ちなみに医療機関で血圧を測ると自宅よりも高く出ることありませんか?
それは「白衣高血圧」といって誰でもあることなので気にしないでくださいね👍

今すぐ血圧を下げるには

「検診には絶対引っ掛かりたくない、、、」「今回血圧が高いと薬が増えてしまう、、、」という方いらっしゃいますでしょうか?

実は素早く簡単に血圧を下げる必勝法が存在するんですよ!

それは

正しい姿勢で測定する

これにつきます!

では実際に皆さんがしてしまいがちなNG行動正しい姿勢(行動)を紹介していきます!

NG行動

・脚を組んでいる
・仙骨座りや猫背
・厚手の服の上からの測定
・椅子に座ってすぐの測定
・モニターの数字を凝視する
・寒い場所での測定
・食後すぐに測らない

簡単に説明すると、

・脚を組むとその場所に圧がかかるため血圧が高くなります。
・仙骨座り等の極端な不良姿勢も内臓の圧迫等あるため血圧は高くなります。
・厚手の服の上から測定しても信頼性はありません。
・立ち座り等の軽運動であっても血圧は高く出ることが多いです。
・数値が上昇していくと緊張して血圧が高くなる事が多いです。
・寒くなると血管が縮まり内部の圧が高まります。
・食後は身体が代謝を始めるので正確な数値がでてきません。

ということです。

特に足を組んだり背もたれに寄りかかったりして測定する方をよく見かけますので注意してください!

正しい姿勢(行動)

https://www.healthcare.omron.co.jp/zeroevents/bloodpressuremonitor/howtouse.html より

画像通り測れば間違いないですが簡単なポイントは以下の通りです!

・座って深呼吸をしてリラックスする
・測定前に用を済ます
・脚は組まない
・目線も背筋もまっすぐ
・素肌か薄手のシャツ等の上から測定する
・拳は握らない
・最低でも食後1時間は空けて測定する

これさえ守れば受診時や健康診断の時に極端に血圧が高く出ることはないはずです👍👍👍

まとめ

いかがでしたでしょうか?

筆者は仕事上、様々な方の血圧の測定やセルフで測定している姿を見かけますが、正しく測定できている人は2割くらいの方しかいらっしゃいません。

医療機関で心配されたり無駄な薬を増やされないためにも、受診前にこの記事で復習してみてください👍👍

では次の記事でお会いしましょうノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました