【実態】介護・リハビリ業界について

介護・リハビリ
スポンサーリンク

みなさまこんにちは。

さっそくですが私の仕事はリハビリ関係なのですが、薄給すぎて転職を考えています。

正直に言います。この業界はおススメできません。

介護・リハビリ業界を知っていただくためにも私の仕事の説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

資格

まず私が仕事で使用する資格です。

私が保有している資格は「健康運動指導士」という資格です。

聞いたことありませんよね?だいたいリハビリというと「療法士」、特に「理学療法士(PT)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

PTと健康運動指導士の決定的な違いは「国家試験」であるかです。

詳しい話はあまり興味がない方が多いと思いますので省きますが、健康運動指導士もかなり難しい資格なはずなんですが基本給が数万円も違うんですよね、、、。

一日の仕事

私の一日は以下の通りです。

8:30~10:00 朝の申し送り&迎えいれ(送迎)
10:00~12:00 個別リハビリ&介護
12:00~14:00 見守り&休憩(1h)
14:00~16:00 集団体操&個別リハビリ
16:00~17:00 見送り(送迎)&帰りの申し送り

リハビリと言っても一日リハビリに従事するわけでなく、利用者の送迎や一部介護等も行います。

入職してからまるまる3年経ちまもなく4年目になりますが仕事で困っていることはないです。

この仕事のメリット・デメリット

実際にリハビリに従事している職員ならではのメリット・デメリットです。

メリット

・ほとんど定時で上がれる。
・医療従事者として各種特典がある。
・利用者から「先生」と呼ばれる。
・体調不良でも進んで休ませてくれる。

・月末等の忙しい時以外は異本的には定時上がりで、月の残業時間も5時間行くか行かないかです。
・受診しても関係機関であれば受診料は無料!一親等であれば半額になるサービスが受けられます。
・40歳~90歳位の方を相手にしますが、高齢なかたほど「先生」と呼んでくださいます。リハビリ職に就くと「先生」と呼ばれるのは一種のメリットではないでしょうか?
・体調不良時は率先して休ませてくれます。周りが医療関係なのもあって無理して働かせられた事は一度もありません。

以上メリットです。

見た感じホワイト企業なようですが主は何に不満をおっているのでしょうか?続いてデメリットに参ります。

デメリット

・給料が安い。
・介護もしなければならない。
・固定休が存在しない。

この3つが大きなデメリットになっています。

・給料はめちゃくちゃ安いです。手取りでいうと残業代込みで16万ちょっと、、、。10年働いても手取り20万とかそりゃやる気なくしますわ。
・介護は特段嫌いではないのですが、入浴介助等も必要時しなければなりません。いくら療法士でないからと言って、入浴介助までするなんて思いもしなかったです。
・私の職場は固定休は無いです。といっても場所によりけりだと思いますが、、、。年末年始も1月1日のみ休業です。土日祝も関係ないので、人と予定を合わせる事はかなり難しいです。(その分平日休みだと、どこ行ってもガラガラでラッキーなのですが)

まとめ

メリット・デメリットを紹介したうえでもう一度言います。

この仕事はおススメしません!!!!

周りの友達は残業込みで20万円以上平気で手にしているのにあまりにも薄給すぎます。労組はあるので給料改善について要求しても「現行のまま」という回答しかなく本当に嫌になります。

それでも医療費がかからないのは大きなメリットなので以下の人はこの業界に向いているのかもしれません。

・この業界に興味がある。
・給料は気にしない。
・高齢者と関わる仕事がしたい。

逆に私のように

・給料第一。
・出世欲、向上心がある。
・土日にしっかり休みたい。

という方には向いていないと思います。

介護・リハビリ業界に就こうと思っている方は是非現場の声を聴いてみてください。

そしてこの業界を動かす事ができるほど偉い人!この記事読んでるか!!

この業界は需要はあるのに給料安すぎるんよ。もっと給料あげてくれメンス、、、。

こんな主を応援してくれる方は是非コメントください。

また次回の記事でお会いしましょうノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました